お問い合わせの多いトラブルのご質問と回答集です。+マークを押すと回答が出てきます。

お湯が出ない

屋外設置型の給湯器をご使用の場合、雨や湿気が原因で点火不良を起こしている可能性があります。雨が降り続いている間は修理することができません。 雨上がり後、しばらくすると機器内の水滴や湿気が乾いて正常に使える可能性があります。

給湯器につながる給水および給湯の配管が凍結した可能性があります。気温の上昇により自然に解凍するまでお待ちください。
詳しくは機器の取扱説明書をご覧ください。

ガスメーター(マイコンメーター)が感知して自動的にガスが止まっている可能性があります。
マイコンメーターがガスを止めた場合は、簡単な操作で、またガスをお使いになることができます。
詳しくは、メーターの復帰方法をご覧ください。

ガス器具のよくある不具合と、ご自分でできる対処法について、「故障かなと思ったら」にまとめていますのでご確認ください。

ガス器具にエラーコードが表示された場合の対応方法

エラーコードが表示されていたらガス機器に付属されている取扱説明書をご確認ください。なお、同じ表示が繰り返し出る場合は、ガス機器修理をご依頼ください。https://reception.tokyo-gas.co.jp/req/tgwu01

ガスコンロの火がつかない。

ガスソフトコード(ゴム管)を確認してください。

電池切れで点火しないことがあります。電池交換してください。電池を入れる方向もご確認ください。

バーナーキャップは、マーク(前・後・△印等)を合わせてセットしてください。

鍋の外側が濡れている状態でコンロに置くと、立ち消え安全装置が働き、点火しない場合があ ります。また、鍋無し検知機能がついているコンロは鍋をおかないと点火しません。

指定以外の補助具は、トラブルの原因となる場合があります。

ガス栓を開けて再度試してみてください。
つまみのないガス栓では操作の必要はありません。ガス栓が固すぎて開かないときは、有償で修理をいたします。
*ガス栓のお取り替え費用・工事など

ガスメーターの栓を縦にしてください。
*ガスメーターの設置場所

ガスメーターのランプが点滅していたら、復帰の操作をお願いします。
*ガスメーターの復帰方法

ガスコンロの炎の色がいつもと違う。(赤色、オレンジ色、黄色など)

コンロの炎の色がいつもと違う(炎の色がおかしい)場合は、以下をご確認ください。
その他、ガスコンロの不具合についてはこちらをご参照ください。

室内で加湿器を使用していると、ガスの炎がオレンジになることがありますが、水道水に含まれる微量のアルカリ金属とガスの炎が反応したためであり、心配はありません。

バーナーキャップが目詰まりしている場合は、器具ブラシや使い古しの歯ブラシで詰まりを取ってください。その後は水洗いをします。
お手入れのあとは、正しい位置にセットしてください。
また、点火プラグの汚れや水分は乾いた布で拭き取りましょう。
改善されない場合は、当社までご連絡ください。

ガスが出ない。

戸を開け、ガス栓を閉めた上で、すぐにガス漏れ通報専用電話番号へご連絡ください。
ガス漏れ通報専用電話 0570-002299(ナビダイヤル)

ガスメーターの復帰方法は、下記をご確認ください。
ガスメーターの復帰方法

ガス臭いです。

ガス臭い場合、都市ガス警報器が鳴っている場合は、火気厳禁です。窓を開け、ガス栓を閉め、すぐに「ガス漏れ通報専用電話」に至急ご連絡ください。
ガス漏れ通報専用電話 0570-002299(ナビダイヤル)
ガス臭いときは

ガス管(白ガス管)が古くなったが、交換が必要か知りたい。

配管の設置時期や管の種類などを弊社で確認させていただいた上で、必要に応じて現地での確認をさせていただきます。
なお、以下のような調査の場合には有料にて承ります。
・敷地内の一部を掘削し、ガス管を露出させ腐食状況を直接調査する場合
・法定点検時以外にお客さまのガス管の気密テストを行い漏洩の有無を調査する場合
調査のお申込みついては、お電話でお問い合わせください。
◆東京ガスお客さまセンター
 【電話】0570-002211(ナビダイヤル※注)
03-3344-9100(IP電話等・海外からのご利用など)
【受付時間】月曜日~土曜日 9:00~19:00 日・祝日 9:00~17:00

電気のブレーカーがよく落ちる。

一つの部屋のみが使えなくなる場合は、使用する電気を減らしていただく事で解消できる場合がございます。
それでも解消しない場合は、屋内配線工事が必要になる場合があります。
当社へぜひご連絡ください。